私がオススメするニキビ石鹸です(σ・∀・)σ<チェック!

どろあわわ

ダミー画像

内容量 使用目安 値段 送料
110g 約1ヶ月 1489円 630円
主な原料と成分
マリンシルト、大豆イソフラボン、ヒアルロン酸、コラーゲン
期待できる効果は?
ニキビケア、毛穴ケア、
どんな肌質に合う?
基本的にどんな肌質にも合う。ただし極度の敏感肌の方には合わない可能性もあるようです。


どろあわわは毛穴汚れをゴッソリ吸着してくれる石鹸ということで、同時にニキビ予防やケアにもつながる石鹸です。もはや洗顔石鹸では定番となりつつあるのですが、分子レベルの吸着力を持つので、個人的にもニキビ予防でも効果を発揮すると思ってます。

基本的にニキビの原因は毛穴の汚れと炎症ですので、どろあわわはその毛穴の奥に詰まった汚れを強力スポイド吸着。ホームページを見た感じだと「ホントにニキビに効くの?」って感じですけど、女性の方は「美容成分」も必要ですので、そういった方にはどろあわわは向いていると思います。

ノンエー(NonA)

ダミー画像

内容量 使用目安 値段 送料
100g 約2ヶ月 2,940円 525円
主な原料
グリチルリチン酸2K、ローヤルゼリーエキス、ヒアルロン酸、ダイズエキス、スクワラン、リピジュア
期待できる効果は?
ニキビケア、ニキビ予防、炎症を抑える
どんな肌質に合う?
脂性肌、基本的に肌質は選ばない
日本人の肌に合うように作られた


ノンエーは医薬部外品ということでニキビに悩んでいる方にオススメ。ニキビを予防するために肌を清潔に保ち、治っても再びできるというサイクルを解決してくれます。またニキビケア石鹸は通常刺激が強いと言うか、肌が弱い方はすぐ荒れてしまう傾向があるのですが、ノンエーはエタノールや香料などフリーとなっているため赤ちゃんや子供が使えるほど優しい洗顔石鹸です。

またニキビと言っても大人ニキビや思春期ニキビ、さらにはできる箇所によって背中ニキビなど様々です。基本的にどれも毛穴の炎症が原因ですので、この炎症を抑えることが予防につながるというわけ。ノンエーにはこの炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kという成分を配合してますので、直接ニキビを治すこと・予防することになります。

どくだみ豆乳石鹸

ダミー画像

内容量 使用目安 値段 送料
100g 約2ヶ月 1,470円 399円
主な原料
ローズマリー油、ユーカリ油、ドクダミエキス、ダイズエキス、納豆エキス、タンポポエキス
期待できる効果は?
ニキビ、ニキビの炎症、肌荒れ
どんな肌質に合う?
ニキビ肌、オイリー肌
基本的に肌質を選ばずに使用できます。


どくだみには抗菌作用があるのでニキビ菌の繁殖を抑えてくれます。色がちょっと不気味ですけど医薬部外品に認められた石鹸です。顔のニキビだけでなく背中ニキビにも使えるみたいですよ。あと値段がリーズナブルなところも注目です。洗顔石鹸は3000円前後が多いんですけど、どくだみ豆乳石鹸はその半額くらい。ニキビケア石鹸としてはなかなかお得な石鹸です。

ニキビを治す石鹸は「洗浄力が強い」という1つの特徴があるのですが、そのため乾燥肌の方や敏感肌の方にはやや刺激が強め。ですがどくだみ豆乳石鹸は美容成分もたっぷり配合しているので、意外とサッパリ系の洗顔となってます。石鹸自体の匂いもスーッとするクールで爽やかな香りですので、女性だけでなく男性に好かれそうな商品でしょうね。

こちらの石鹸もオススメですヾ(。・ω・)ノ

よか石鹸よか石鹸は原料に火山灰を使用する石鹸です。火山灰には天然のミネラルが多く含まれてるらしく肌にいいみたいですよ^^ヘアワックスみたいに指に石鹸をつけて泡だてるので使いやすかったです。ニキビのケアと同時に毛穴の汚れをサッパリ洗い流してくれますので、多くの女性に支持されています。ちなみに私が見た感じ、ネットで1番売れている石鹸みたいです。

よか石鹸の体験レビュー
商品名価格使用目安
よか石鹸1,890円約1ヶ月


VCOマイルドソープVCOはバージンココナッツオイルのことで、マッサージオイルや整髪剤にも使われています。このVCOに含まれるラウリン酸は洗浄力と気泡力が特に優れているので、ニキビを始め様々な肌トラブルの解消に役立ちます。写真を見ると分かる通り、半透明な石鹸です。実際に手にすると分かるんですが、しっとり感が半端じゃありません^^何だか溶けていく感覚がありました。

VCOマイルドソープの体験レビュー
商品名価格使用目安
VCOマイルドソープ2,691円約1ヶ月

ニキビは潰すとどうなる??

よくニキビができても潰してはダメと聞きますけど、理由は分かります? ニキビは潰すとその部分が陥没してしまいます。そして陥没した状態で化粧品や洗顔石鹸をしようすると、ニキビが陥没したまま治ることがあるのです。つまりニキビ跡が残ったまま治ると言うこと。

これはクレーターなんて呼ばれてますけど、顔が凸凹している人の多くはニキビを潰して治療したことが原因と考えられます。もちろん菌も入りやすくなりますから、ニキビができても潰さずに治すことが大切。ニキビは触らない・潰さないと言われる理由はそこにあります。

またニキビを予防したい、また潰さずに治したい、それならまず肌を清潔に保つことが大切。洗顔のやりすぎは逆に良くないですが、汚れた手で顔を触らないことや、枕もこまめに干して清潔を保つこと。洗顔後の保湿もかなり大切になります。

もちろん洗顔以外にも睡眠不足やストレスもニキビの原因となります。特に不規則な生活は肌荒れの原因となりますから、基本的な生活習慣を見直すことでニキビもある程度は予防できると思います。食事だと食物繊維はわりと良いみたいですね。

ニキビを予防するには食生活の見直しも。

ニキビを改善するには洗顔だけでは足りません。日常生活、特に食生活を改善する必要もあります。ニキビができる原因の多くは皮脂の過剰分泌ですので、普段から糖分や油分を多く食べている方はニキビが出来やすくなるということ。

じゃあどんなものを食べればいいの?という質問ですが、基本的に洋食よりも和食がいいでしょうね。和食は油も多く使いませんし、材料も脂肪分が少なめです。ファーストフードなどはやめといた方がいいでしょう。たまに行くならいいですけど。

特に女性の方は甘いスイーツ系、スナック菓子などが好きなので、これもニキビの原因の1つになります。ニキビが多い人の生活を見てると、やっぱりお菓子の量が多いような気がしてます。

成分の話をすると、ニキビに効くというビタミン類。中でもビタミンB群は皮脂を抑えてくれますので、普段から意識して摂るといいと思います。もちろん洗顔にも気を配り、外からと中からニキビを治すという感じで。

レバー、納豆、マグロの赤身、鶏のささ身などはビタミンBを多く含みますので、いつもより少し多めに食べるといいでしょう。

あとビタミンCはニキビの原因になる活性酸素を取り除く働きがあるので、糖分が少ない果物(レモンなど)や、ほうれん草なども食べて下さい。

このページの先頭へ

FXの仕組み